落語心中 小夏 相手

《昭和元祿落語心中》(日語:昭和元禄落語心中)為漫畫家雲田晴子的日本漫畫作品。『ITAN(日語:ITAN)』(講談社)2010年零號(創刊號)上連載中[1]。第38回(2014年度)講談社漫畫賞一般部門受獎作、2013年文化廳媒體藝術祭漫畫部門受獎作。 2014年12月時

故事概要 ·

昭和元禄落語心中 ジャンル 青春、落語 漫画 作者 雲田はるこ 出版社 講談社 掲載誌 ITAN レーベル KCx ITAN 発表号 2010年零号 – 2016年32号 巻数 全10巻 アニメ:昭和元禄落語心中(第1期) 昭和元禄落語心中 -助六再び篇-(第2期) 原作

ジャンル: 青春、落語

このエントリでは、落語心中二期最終話で示唆された信乃助の父親についての話題を扱います。 最初にことわっておくと、私は漫画未読です。 アニメを観終わったら一気読みしようと思ってましたが、まだアニメの余韻があるので、あと三、四周くらいしてから原作に手を出そうと思ってい

刑務所の落語慰問会で見た大名人・八雲の「死神」が忘れられず、出所した与太郎が真っ先に向かった先は、寄席だった。拝み倒して八雲の住み込みの弟子となった与太郎だが、八雲の元では小夏という女性が暮らしていた。八雲と小夏には他人が容易に触れられない因縁があるらしく・・・。

4.7/5

小夏と八雲も養女と養父では済まされない何かがありましたね。最終話を見終えてから当時を振り返れば、の話ですが。 ラストシーン 「昭和元禄落語心中 -助六再び篇-」最後までご視聴誠にありがとうござ

相変わらず、まとまってなくて本当に申し訳ないです