青枯病 接種

 · PDF 檔案

工接種方式分析其對馬鈴薯青枯病race 3/bv 2 之抗/感病性,藉以篩選出可作為日後抗病育 種之潛力品系 (種)。材料與方法 馬鈴薯青枯病田間萎凋率調查 本研究於2013 年11 月至2014 年3 月期 間,調查雲林及嘉義地區共22 處之馬鈴薯栽

 · PDF 檔案

97 B会場(白鳥) バ イ オ 15:10~15:35 青枯病ワクチンの開発とその有効利用法 広島大学 大学院先端物質科学研究科 教授 山田 隆 プレゼン技術の概要 RSMファージを感染させた青枯病菌(非病原化)をトマト等の植物に接種しておくと,

 · PDF 檔案

関西病虫研報(51):65-66(2009)短報 65 Ann. Rept. Kansai Pl. Prot. (51): 65-66 (2009) ナスの青枯病の防除では種々の防除法を組み合わせた 総合防除が採られている。その中でも土壌消毒と抵抗性 台木品種の利用は非常に重要な防除技術となっている。

Author: Wataru Nakasone
 · PDF 檔案

閉山県農試研報27 : 13-18 (2009) 13 ナス青枯病に対する台本の抵抗性検定法としての 茎切断接種法の評価 岸本直樹・谷名光治・伊達寛敬 The Evaluation of Stemωcutting Inoculation 羽ethod for Screening of Resistant Rootstocks of Eggplant to

 · PDF 檔案

826 農業および鼠芸第84巻第8号 (2009年)表1ナスの青枯病抵抗性台木品種トレロ等で、発病し た株より分離した青枯病菌のトレロに対する病原性 菌株 分離 接種トレロからの分離部位と トレロの No. 会フ K名 菌の分離有無(土) 発病-5cm 土Ocm21 +5cm31 十10cm41 右甘 鑑

 · PDF 檔案

3.台木品種の茎部における青枯病菌の検出 台木品種の青枯病抵抗性を病原細菌の移行程度の比較 により評価するため,Nakaho et al.(2004)の方法に準 拠して茎部での青枯病菌の分布を調べた。接種は台

④接種したウイルスに感染した場合、1週間から2週間ほどで局部病斑、全身病徴を発現することが多い。 2.青枯病 バクテリアの増殖は急速であるため、罹病植物の維管束内や組織から菌泥が噴出するのが観察される。 このため、茎の切断部や組織の

 · PDF 檔案

-1- 1. はじめに Ralstonia solanacearum (Smith 1896) Yabuuchi, Kosako, Yano, Hotta and Nishiuchi 1996 はトマト,ナ ス,ジャガイモ,バナナ等の作物に青枯病を,またタバコには立枯病を引き起こす病原細菌として知られてい

 · PDF 檔案

亞磷酸防治馬鈴薯青枯病 379 為試驗接種植株。利用低濃度之 NPA (0.05% 及0.08%) 分別進行葉片噴施或土壤澆灌兩種 處理,每7 d施用1 次,連續4 次。葉片噴施 法利用2 L氣壓式噴水壺將植株所有葉片噴布 NPA,而土壤澆灌法則以 50 mL NPA直接灌

 · PDF 檔案

18047 ピーマンにおける青枯病抵抗性DNAマーカーの開発 1 中核機関・研究総括者 宮崎県総合農業試験場 杉田 亘 2 研究期間 2006~2008年度(3年間) 3 研究目的 ピーマンを始め、トウガラシ、パプリカ等のカプシカム属は、国内外で広

 · PDF 檔案

青枯病ワクチンの開発と その有効利用 広島大学大学院先端物質科学研究科 教授山田隆 Development of “Vaccine” preventing bacterial wilt caused by Ralstonia solanacearumTakashi Yamada Graduate School of Advanced Sciences of Matter, Hiroshima University

 · PDF 檔案

馬鈴薯青枯病 Brown rot of potato 青枯病病原細菌Ralstonia solanacearum (原名Pseudomonas solanacearum) 是由許多不同菌系組成的一個複合體(complex species)(Gillings and Fahy, 1994),危害植物種類高達44 科,數百種(Hayward, 1991)。用於界定R.

 · PDF 檔案

青枯病抵抗性個体を選抜し.1990年に「カレへンjと命 名して種苗登録した。選抜は1981年から開始し, 青枯 病汚染問場に毎年5月に本葉5葉期の接木ナス(穂木 「千両2号j)を植え,抵抗性台木の選抜を重ねた。汚染 土壌は農試場内の青枯病菌接種土壌(橿原市)と

11/3/2012 · 二、青枯病(bacterial wilt):危害茄科作物,可由細菌狀態存在土壤數年,高溫下發病。發病初期整株迅速枯萎,不再回復,最後枯死,發病時應停止灌水、減少進入園中次數,拔除病株並調整土壤pH值至7。種植前避免選擇前作是茄子的土壤,最好與水稻輪作。

 · PDF 檔案

1.断根浸漬接種した台木品種は、茎の上位部(第4葉着生位置上部は地際部から約12cm に相当) ほど、青枯病菌の検出率が低下する(図1)。 2.夏秋作型の高接ぎ木栽培は、台木に用いた2品種とも、自根および慣行接ぎ木と比べ、青枯病の発病

【課題】青枯病に対する抵抗性誘導活性を示す化合物を有効成分として含有してなる青枯病抵抗性誘導剤及び該化合物を利用した青枯病防除方法を提供する。 【解決手段】L体のアミノ酸を有効成分として含有する青枯病抵抗性誘導剤。L体のアミノ酸を、トマトなどの対象植物に吸収させること

 · PDF 檔案

青枯病細菌接種56日後に、地上部の発病状況および地際上3cm 部分の維管束の褐変状況を調査 した。 3.試験結果および考察 (1) 5-1菌株を用いた試験では、1回目の試験で全供試品種の発病度が低く抑えられたが、ブロ

鳳山3號雜交茄子根砧是由鳳山熱帶園藝試驗分所蔬菜系與植物保護系合作育成抗青枯病新品系,與一般慣用根砧品種EG203比較,具有以下特性。 1.一樣抗青枯病 實驗室接種青枯病,鳳山3號皆表現抗病特性,發病指數皆低於抗病對照品種EG203,如下表1所示。

 · PDF 檔案

青枯病がある。青枯病菌(Ralstonia solanacearum) は、ナス科やマメ科等経済的に重要な農作物を含む33 科200種以上の植物に感染し、世界的に甚大な被害を もたらしている(ジャガイモ被害、年間950億ドルの 損失)。その防除に使用されてきた主農薬は劇物である

 · PDF 檔案

ピーマンにおける青枯病抵抗性の評価と抵抗性台木品種の育成 501 ――47 ―― 青枯病抵抗性に関する研究の最終目標としては,生産 地において抵抗性を発揮できる台木用品種の育成である ことから,各生産地の罹病株より分離した複数の青枯病

 · PDF 檔案

[具体的データ] 図1 異なる接種条件下における高接ぎ木苗のトマト青枯病発病抑制効果(32 、「B バリア」) 図2 高接ぎ木苗の作成方法 図3 土壌還元消毒後の各接ぎ木法でのトマト青枯病の発生程度(現地

農委會鳳山熱帶園藝試驗分所進行茄子抗青枯病根砧研究,以混合菌株接種茄科作物,育成新品種「鳳試雜交3號」,以茄子根砧嫁接番茄、茄子

青枯病菌(あおがれびょうきん)とは青枯病の病原細菌のこと。 学名Ralstonia solanacearum(ラルストニア・ソラナケアルム)。かつてはPseudomonasに属していたが、1996年に現在の属に変更された。 宿主範囲は広く、ナス科植物やショウガ、バナナなど、200種以上の植物に感染する。

 · PDF 檔案

トマト青枯病に対する生物農薬及び化学農薬の防除効果 – 38 – 図 トマト青枯病に対する生物農薬及び化学農薬の施用が発病度に与える影響 z) ( )内の数字は、青枯病菌液接種後の日数 Z)

第3表 トマト青枯病台木品種接種 試験 (H21.5.12 県病害虫防除所) 注1)青枯病菌はH19年に農業技術センター環境部において海津市より分離保存された菌株を使用した。 注2)使用したトマト青枯病菌の接種は各品種の本葉7葉時に24時間浸漬を行った

技術移転可能な特許!ライセンス先を探索中!大学、公的研究機関の有望特許を公開中!【課題】異なる様々な青枯病菌株による青枯病の発症、すなわち異なる様々な植物品種での青枯病の発症を予防できる青枯病予防剤、および、当該青枯病予防剤を利用する青枯病の予防方法を提供する。

異なる様々な青枯病菌株による青枯病の発症、すなわち異なる様々な植物品種での青枯病の発症を予防できる青枯病予防剤、および、当該青枯病予防剤を利用する青枯病の予防方法を提供する。青枯病予防剤は、φRSM1型線状ファージおよび/またはφRSM3型線状ファージが感染している青枯病菌

花生青枯病的發病規律及綜合防治 花生青枯病是一種最嚴重的細菌性土傳病害,從苗期至收穫期均可發生, 發病率一般是 10%~20% , 嚴重的可以損失一半以上,甚至整片枯死。 損失的程度與發病的早晚有關, 結莢前發病損失達到100% ,結莢後發病損失達 60%

3/8/2011 · 以供試之青枯病感病蕃茄品種農友301號及抗病品種臺中亞蔬四號,分別接種不同濃度的青枯病菌(102、103、104、及105 cfu/g soil),不論先接種南方根瘤線蟲後接種青枯病菌(N

同時接種根瘤線蟲與青枯病菌可加快感病品種(包括農友301、黑柿及158)之 青枯病發病速度,於短期內(26天)即可達到90%以上發病率;而對抗病品種( 包括318、473及379)則未能增加或加速青枯病之發

作者: 陳甘澍 and GAN-SHU CHEN
 · PDF 檔案

具備抗青枯病、耐淹與提高甜度效果。鳳山熱帶園藝試驗分所育成的一代 雜交種茄子根砧,父母本都經過抗青枯病逐代篩選自交4代與5代,最後 雜交育成的品系,新品系與EG203接種青枯病菌的發病指數分別為17.3% 與29.3%,皆為抗耐病等級。

玉米莖基腐病又稱玉米莖腐病,俗稱玉米青枯病。近幾年,由於玉米自交系、雜交系品種在地區之間引種頻繁,使本來抗病性較差的自交系和部分雜交系的原種在地區之間廣為種植,從而導致該病在各玉米產區之間相互傳播,造成植株早枯,籽粒癟瘦不飽滿,嚴重影響玉米的原種產量,給公司和農民

ニレ立枯病(ニレたちがれびょう、英名:Dutch elm disease、略称:DED)はニレ属(学名:Ulmus)の樹木に発生する感染症である。 子のう菌の一種を病原とし、キクイムシの媒介によって感染拡大する。病原菌はアジア原産と見られ、ヨーロッパ、アメリカ

媒介生物: キクイムシ
 · PDF 檔案

影響番茄寄給病發生之因哥哥 95 影響番茄青桔病發生之因素深 徐世典削 Factors Affecting Development of Bacterial W i1 t of Tomato Shih.tien 日 su 一、前言 育枯病( Ba cterial wil t)是台灣番茄最嚴革的細聲性病吉。木病在未省中南部地區普遍發生

書誌情報 簡易表示 永続的識別子 info:ndljp/pid/3178395 タイトル トマト台木品種の青枯病抵抗性機構に関する研究 著者 中保一浩 [著] 出版者 [中保一浩] 出版年月日 2000 請求記号 UT51-2000-T170 書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)

 · PDF 檔案

1 トマト及び青枯病抵抗性台木、25品種について、幼苗浸根接種法により青枯病に対す る抵抗性を比較した結果(表1)発病株率は青枯病に罹病性のトマトでは92~100%であ、り、抵抗性トマトでは52~71%であった。また、抵抗性台木の発病株率は0~42%であ

品種來源:廣東省農業科學院經濟作物研究所用高抗青枯病的抗原CV-ll與耐青枯病大果品率10-4雜交后,經8代苗期人工接種篩選而成。1990年通過廣東省農作物品種審定委員會審定。 主要性狀:植株屬有限

・前作に発病を認めたほ場では 太陽熱による土壌消毒や土壌くん蒸剤等による土壌消毒を行う。 ・根が傷まないよう土壌水分の急激な変化、土壌の過湿、過乾燥が無いように適切なほ場管理を行う。 ・病原菌は水とともに移動するので、排水対策を行う。

 · PDF 檔案

日本産ジャガイモ青枯病菌Ralstonia solanacearum のジャガイモ品種・系統に対する病原力と各種植物に対する病原性の差異 ― 19 ― 613 ジャガイモ青枯病菌の病原学的な特性を調べるために,多数の菌株を用いた接種試験で得られた知見を紹介する。I 抉芽浸漬接種法

ジャガイモ青枯病に対する防除法としてバリダマイシン剤の茎葉散布による発病抑制効果を検討した。3濃度(500,1,000,2,000倍)を用いたポット試験の結果,バリダマイシン顆粒水和剤の青枯病菌接種前散布は発病抑制効果を示し,特に500倍液散布で高い効果が認められた。

トマト青枯病は、全国各地で多発しているRalstonia solanacearumを病原菌とする難防除土壌伝染性病害である。本研究では、これまで全く考慮されてこなかったR.solanacearumに対するファージを土壌から分離し、ファージの土壌接種によるトマト青枯病の抑制効果、ファージの遺伝学的性質を解明すると

青枯れ病の原因と対策は?青枯病の見分け方や予防と対策について。青枯病はどの野菜にも良く発生する病気で治療が困難な病気です。青枯病の治し方や対策を初心者にも分かりやすく

 · PDF 檔案

「バギー」の特長 土壌病害の青枯病と疫病に対して、青枯病と疫病に複合耐病性耐病性を有します。市販の台木品種の中でも最強レベルの ただし、ここでいう疫病の耐病性と 含まれません。果実に発生する地上部伝染性の疫病はは土壌伝染性の疫病のことで、茎葉や

 · PDF 檔案

(メロンつる割病, レタス根腐病等) 環境 調和性 × 非選択的殺菌 (還元消毒等の場合) その他 × 作付け不可(一定期間) × 遺伝資源探索と品種育成が必要 (トマト青枯病, トマトかいよう病, キュウリ ホモプシス根腐病等では, 効果的な遺伝 資源が未

 · DOC 檔案 · 網頁檢視

接種菌根菌後對青枯病不同抗性之5種番茄栽培種之致病指數與病害進展度並無改變。利用土壤混菌接種青枯病菌,對不同栽培種植株間之致病指數與病害進展度有顯著差異,但對接種不同菌根菌種間則差異不顯

 · PDF 檔案

図1 異なる接種条件下における高接ぎ木苗のトマト青枯病発病抑制効果(32 、「B バリア」) 図2 高接ぎ木苗の作成方法 図3 土壌還元消毒後の各接ぎ木法でのトマト青枯病の発生程度(現地試験) 図4 トマト青枯病防除対策における高接ぎ木栽培の導入フロー図

由平板對峙培養之結果顯示,Bce1 可減緩青枯病菌 R. solanacearum PS64 菌株之生長。於溫室試驗中,將接種內生菌 Bce1 30 天後的番茄以澆灌方式接種青枯病菌後,相較於無處理內生菌 Bce1 之對照組,青枯病之發病率降低 75%。

半身萎凋病(はんしんいちょうびょう)が発生する原因や病状(症状)の見分け方、治療法は?半身萎凋病は多くの野菜に発生するカビが原因の病気でナス科の野菜に多く発生します。半身萎凋病の治し方や予防対策などを画像を交えて分かりやすくレクチャーします。

タイトル トマト青枯病抵抗性台木品種の無病徴感染による穂木の発病 担当機関 中国農業試験場 研究課題名 研究期間 1995~1996 研究担当者 中保一浩 発行年度 1996 要約 トマト 青枯病抵抗性台木品種が無病徴感染することを明らかにした。

 · PDF 檔案

青枯病,分佈遍及全世界,是熱帶及亞熱帶地區發生相當普遍且頗具威脅性的植物細菌性病害之一 〈叩島,而台灣氣候高溫多濕,青枯病發生也相當普遍且嚴重,已有多種經濟作物受其危害,造成損失 頗鉅艙,尤其在夏季,育結病常是茄科作物栽培上的限制因子0